ピカチュウに会える!? 絶対に訪れるべき絶景ロットネストアイランド

Hi ozonです!

みなさんクォッカって動物を知っていますか??

クォッカはピカチュウのモデルなのでは!?と言われている小動物です。オーストラリアでしか見ることの出来ない凄く希少な存在になのです。

オーストラリアの中でもロットネストアイランドにしか生息していません。

そのためクォッカに会うためだけ訪れる人もいるくらい可愛い動物です。しかし、クォッカに会う為だけに行くにはもったいないくらいの魅力がロットネストアイランドにはたくさんあります!

そんな可愛いクォッカに癒されながら絶景を巡ることが出来るロットネストアイランドを紹介します。

スポンサーリンク

ロットネストアイランド

ロットネストアイランド(Rottnest Island)はパースの海岸線から沖合に20km弱のインド洋に浮かぶA級保護指定の国立公園です。

手付かずの自然が多く残り、年間約50万人が訪れるパースで人気No1の観光地になります。

島への一般車両の乗り入れは禁止されています。そのため、バスツアーやレンタサイクルを利用しての散策が人気のアクティビティーとなっています。

またロットネストアイランドは、ここでしか見ることのできない希少な有袋類「クォッカ」の唯一の生息地となります。

そのほかエメラルドグリーンに輝く海と、純白のビーチが数多く存在しているため自分だけのお気に入りのビーチを探す楽しみもあります。

島までの行き方

ロットネストアイランドまではフリーマントルから高速フェリーを利用して約30分程で行くことが可能です。

料金は往復で平日大人1人69ドルからチケットを買うことが出来ます。

フェリーのチケットには自転車付きのオプションや早期割引などもありますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

また、現地にあるツアー会社からもオプション付きのフェリーのチケットを購入出来るので、自分の目的に合ったものを選ぶことが出来ます。

ピカチュウのモデル!?クォッカって?

クォッカは世界一幸せな動物と言われる、まるでぬいぐるみのようなとても愛くるしい有袋類の動物です。

人懐こく愛嬌たっぷりの笑顔で人々の心を掴んだら離さない、そんな動物なのです。

クォッカはカンガルーやワラビーと同じ有袋類の動物なのでお腹に袋があります。そのため運が良ければ袋の中に赤ちゃんがいる親子のツーショットを見ることが出来るかもしれません。

またロットネストアイランドを訪れた人々がほぼ確実に行うのがクォッカとの自撮りです。

クォッカは警戒心が薄く、カメラなどを向けても逃げないため比較的簡単にツーショット写真を撮ることが出来ます。

私の友達もほぼ全員がクォッカとの自撮りを楽しんでいました。その時々ででクォッカの表情も変わるので凄く楽しめます。

自転車で一周!

ロットネスアイランドでは自転車を借りることが出来ます。事前にレンタサイクル付きのチケットを買っておくと船を降りてすぐに自転車に乗り観光を始められます。

自転車の楽しみ方は2通りあります。

近場は自転車で周って、遠い場所はバスを利用して観光。

自転車のみで島を観光。

私は後者の自転車のみで島をほぼ一周観光してきました。総距離20km以上のコースを走りました。

走行中はどこを見てもエメラルドグリーンに輝く素晴らしい景色が広がり、最高に気持ちが良かったです。

また自転車なので好きな時に好きな場所で停まることができ、自分だけのお気に入りのスポットもいくつか見つけることが出来ました。

運が良いと自分以外誰もいない完全プライベートのビーチも見つけることが出来ます。

ただ島内は思ってた以上にアップダウンが激しいので、自分の体力に合わせてコースを決めると良いでしょう。

まとめ

ピカチュウ!?に会えるロットネストアイランド本当に最高でした。

同じ島の中から見る海でも場所によって色が違ったり、輝き方が違ったりとどこを見ても絶景が広がっています。

フリーマントルからたった30分の距離にこんな絶景が広がる島があると知った時の感動は半端なかったです。

オーストラリア一周後にパースに戻ってきた理由の1つでもあります。自信を持っておすすめできるパースの観光地です。

皆さんもぜひ絶景と世界一幸せなクォッカを求めてロットネストアイランドを訪れてみてはいかがでしょうか。

Thank you so much!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です